ファイザー・インクの「PAHを治療するための抗増殖剤」を読んでみた

ファイザー・インクの「PAHを治療するための抗増殖剤」(出願番号:2017-201576)を読んでみました。肺動脈性肺高血圧(PAH)の治療方法について記載された特許です。

【発明が解決しようとする課題】
肺高血圧、およびPAHのような関連疾患の治療のために、より良好な治療方法が必要とされている。

【従来の課題】
・PAHは、深刻な血管収縮および肺動脈壁における平滑筋細胞の異常な増殖を特徴とする、命に関わる肺血管系の疾患である。
・現在のPAH治療方法は、症候を低減させ患者の寿命を延ばすこと、そしてクオリティー・オブ・ライフを高めることに焦点を当てている。しかし、その治療方法は有効性の欠如、重篤な副作用、低い患者コンプライアンスなど複数の欠点を有している。

【解決手段】
治療上有効用量のパルボシクリブを含むCDK阻害剤を投与することによって、PAHならびに他の関連する疾患および症状を治療する方法を提供する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください