武田薬品の「細胞の製造方法」を読んでみた

武田薬品の「細胞の製造方法」(出願番号:2020-509303)を読んでみました。トランスフェクションにより物質が導入された細胞の製造方法について記載された特許です。

【発明の背景および解決しようとする課題】
・核酸などの物質の接着性細胞への導入は、従来、シャーレやディッシュなどの容器に細胞を播種した後、表面に接着した状態の細胞に対して物質とトランスフェクション試薬を適用することによって行われていた。そのため、細胞の接着のための容器の表面面積が制約となり、物質が導入された細胞を商業レベルで大量に製造することが難しかった。
・商業レベルで大量に製造するための技術が必要とされている。

【解決手段】
・細胞非接着性容器内において、細胞への物質のトランスフェクションが可能な条件下で、細胞の凝集体を形成する工程を含む、製造方法を提供する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください